スリクソン ZXシリーズ(2020)の全ドライバー・全アイアンを紹介

スリクソンからZXシリーズが発売となっています。これまでの「Zシリーズ」から「ZXシリーズ」に名前が変わった新たなモデルについて取り上げます。

ZXシリーズ

ZXシリーズは、スリクソンの2020年の新たなモデルで、2018年のZ85シリーズの後継となります。そして、今回からシリーズ名そのものが、ZからZXに改称しています。

クラブの種類は、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、ユーティリティアイアン、アイアンまであり、アイアンはSWまでありますので、一通りZXシリーズで揃えることもできます。

なお、ドライバーとアイアンに関しては、ZX5、ZX7の2種類のモデルがありますので、自分の弾道・体力・技量に合わせて選ぶことができます。

それでは、ZXシリーズのドライバーとアイアンについて、特徴とスペックを見ていきましょう。

ZX5ドライバー

概要

剛性の高い層、低い層を繰り返した4層構造の「REBOUND FRAME」が採用され、大きな撓みが実現されています。

ZX5ドライバーは、しっかりつかまえて、高い弾道で飛ばすことができ、投影面積も大きく、やさしさと飛距離性能を兼ね備えています。

スペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 45.25″
バランス D2
クラブ重量 304g(S)

ZX7ドライバー

概要

ZX5と同じく、剛性の高い層、低い層を繰り返した4層構造の「REBOUND FRAME」が採用され、大きな撓みが実現されています。

ZX7ドライバーは、ディープ形状で、ウェイトが深すぎない位置に搭載されていますので、低スピンで弾道の高さを抑えた強い弾道で飛ばすことができます。

操作性にも優れていますので、中・上級者に好まれるドライバーです。

スペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 59°
ヘッド体積 460cc
クラブ長 45.25″
バランス D2
クラブ重量 309g(S)

ZX5アイアン

概要

ZX5アイアンは、ポケットキャビティ形状のアイアンで、フェースはクロムバナジウム剛が用いられ、ボディは軟鉄鍛造となっています。打感の良さがありつつ、大きく飛ばせ、方向安定性に優れています。

フェースは中央部分が偏肉設計で、その周りを取り囲むようにスピードグルーブが施され、大きな撓みが生み出され、ボールスピードをアップしてくれます。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バンス角(前) バンス角(後) FP クラブ長さ
4 22 60.5 12 -8 2.8 38.5
5 24 61 13 -6 3 38
6 27 61.5 14 -6 3.2 37.5
7 31 62 15 -5 3.5 37
8 35 62.5 16 -5 3.8 36.5
9 39 63 17 -3 4.1 36
PW 44 63.5 18 -3 4.4 35.5
AW 50 63.5 18 -2 4.9 35.5
SW 56 63.5 9.5 9.5 5.3 35.5

ZX7アイアン

概要

ZX7アイアンは、キャビティーバック形状のアイアンですが、ZX5よりはソールやキャビティーが薄く仕上がっています。

軟鉄鍛造により吸い付くような打感が得られ、キャビティー形状のためオフセンターヒット時も打感の良さが損なわれにくくなっています。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 バンス角(前) バンス角(後) FP
3 20 60 19 -4.5 31
4 22 60.5 19 -4.5 3.3
5 25 61 19 -4 3.4
6 28 61.5 19 -4 3.6
7 32 62 19 -3.5 3.9
8 36 62.5 19 -3.5 4.4
9 41 63 20 -3 4.8
PW 46 63.5 20 -3 5
AW 51 63.5 20 -2 5.4
SW 57 63.5 26 -1 6

あわせて読みたい