SIM2 MAXドライバー USモデルの特徴・違い

テーラーメイドのSIM2 MAXドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

SIM2 MAXドライバー USモデル

アルミニウムをヘッド素材に用いて軽量化を実現

SIM2シリーズでは、ドライバーヘッドにアルミニウムが用いられています。サイドから後方にかけて組み込まれているブルーのパーツが該当します。

クラウンとソールにはカーボンが用いられ、ヘッド全体の軽量化が図られています。

余剰重量が生み出され、ヘッド後方に24gのタングステンウェイト、そして、前方ヒール寄りにも固定ウェイトが搭載され、大きな慣性モーメントによる寛容性の高さと低スピンが実現されています。

スピード・インジェクションのポートがフェースから側面に

反発性能を最大にチューニングするスピードインジェクションは、ジェルの注入ポートがフェース面から側面に移動しています。

これにより、フェース面に余分な穴やネジが無くなり、M3・M4の頃のきれいなフェース面に戻っています。

SIM2 MAXドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:56°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75″

標準シャフト

Fujikura Ventus Blue

硬さ 重量 トルク 弾道 スピン量
S 55g 3.9 中~高
R 54g 4.1 中~高
A 53g 4.3 中~高

SIM2 MAXドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ロフト角、ライ角、クラブ長さなど、基本的なスペックは日本とUSで同じ値となっています。ウェイトの重量を日本モデルのみ軽くするメーカーもありますが、SIM2 MAX Dドライバーの後方ウェイトは同じタングステンの24gです。

標準シャフトは、日本モデルはTENSEI BLUE TM50 (’21)なのに対して、USモデルはFujikura Ventus Blueです。

日本モデルではSIM2 MAXとSIM2 MAX-Dでシャフトが同じですが、USモデルではSIM2 MAXがVENTUSでSIM2 MAX-DがAir Speederになっていて、USモデルの方がより対象ゴルファーに合わせたシャフト設定になっています。

バランスは日本モデルがD3、USモデルがD4となっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう

SIM2 MAXドライバーのUSモデルの購入・価格

価格については、一般的にUSモデルの方が安いケースが多く見受けられます。

公式サイトでのSIM2 MAXドライバーの掲載価格を見てみますと、USは$529.99、日本は76,000円となっています。1ドル105円で計算すると約2万円ぐらいの差があります。

USモデルはネットで簡単に購入できる

USモデルの購入については、特に難しい点はありません。日本の小売りでも取り扱いが増えていて、ネットでも多数出品されています。

特にオススメなのが、フェアウェイゴルフUSAさんです。アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


あわせて読みたい