inpres インプレス UD+2 アイアン2019 試打・評価・徹底解説

ヤマハからinpres UD+2 アイアン2019について取り上げます。

インプレス UD+2 アイアン 2019

inpres UD+2は初代モデルが2016年に登場し、今回の2019年モデルは2代目となります。「+2番手の飛び」という分かりやすいキャッチコピーも相まって、ぶっ飛びアイアンとして人気のモデルとなっています。

飛距離が出る!ストロングロフト設計

前作同様、飛びの秘訣であるストロングロフト設計となっていて、7番アイアンのロフト角は26°となっています。一般的なアイアンの7番は30°ぐらいですので、5番アイアン並みのロフトとなっています。

余剰重量をソールに配分し、ボールが上がりやすくなっている

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_iron.html

ストロングロフトになると懸念されるのはボールが上がるかどうかです。ロフトが立つと打ち出し角が低くなりますので、ボールが上がりにくくなることが懸念されます。inpres UD+2アイアンでは、トップブレードを軽量化し、それにより生まれた余剰重量はソール後方に配分されています。低重心設計とすることで、ボールは上がりやすくなる方向に作用してくれます。

フェース面上の重心点がトゥ側に移動

ここまでは初代モデルと同じ飛びのメカニズムですが、2019年モデルではフェース面上の重心点をトゥ側に移動することで、飛距離アップが図られています。

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_iron.html

これは同じく2019年モデルのドライバーでも採用されていまして、重心点がトゥ側に依ることで、スイング半径が大きくなります。同じエネルギーでスイングした場合、半径が大きくなると回転速度は速くなりますので、ヘッドスピードが上がります。

フェースの反発性能もアップ!

出典:https://golf.yamaha.com/products/inpres_ud2_iron.html

フェースのソール部が拡大していて、反発性能が向上しています。

アドレスした時の見え方は、グースが効いていて、つかまりの良さを感じながらしっかり打てそうです。

inpres UD+2アイアン2019の試打・評価

inpres UD+2アイアン2019を試打

実際に試打してみると、2番手というより3番手上の飛びが出ているそうです。

inpres UD+2アイアン2019について解説

前作との違いを解説してくれています。前半はドライバーですが後半でアイアンを取り上げています。

inpres UD+2アイアン2019のスペック

番手 5 6 7 8 9 PW AW AS SW
ロフト角(°) 22 24 26 29 33 38 43 49 55
ライ角(°) 60.75 61 61.25 61.5 61.75 62.25 62.75 62.75 63.25
N.S.PRO ZELOS 7 38.75 38.25 37.75 37.25 36.75 36.25 35.75 35.75 35.5
MX-519i 39 38.5 38 37.5 37 36.5 36 36 35.75

ストロングロフトとなっていますので、5番アイアンで22°、7番アイアンで26°となっています。ここまで思い切った設定ですと、後ろの番手に影響が出てきますが、AWとSWの間にASが用意されていますので、飛距離の空白地帯は生まれないようになっています。

inpres UD+2アイアン2019の発売日と販売価格

inpres UD+2アイアン2019の発売日は、2018年10月5日です。販売価格は、4本セット(7~PW)が96,000円+税、単品販売は5、6、AW、AS、SWが24,000円+税となっています。

 

あわせて読みたい