NEW ボーケイ フォージド ウェッジ 2019の最新情報まとめ!発売日・試打・スペック

タイトリストから発売のVOKEY ボーケイ フォージドウェッジ 2019年モデルについて、試打の感想を含めてモデルの特徴・発売日などを取り上げます。

VOKEY フォージド ウェッジ

ボーケイ デザイン ウェッジは、世界のツアープロにて使用率が一番高く、ウェッジの中で最も人気のあるモデルです。

Co-Forging(精密ハイテクノロジー鍛造)

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/wedges/forged_wedge/

タングステンやチタンを配置し、重心が打点位置に近づくようフェースセンター寄りになっています。また、精密に鍛造により、フィーリングが向上し、左右のばらつきも抑えられます。

プログレッシブCGデザイン

VOKEY FORGEDウェッジは、重心の高さがロフトごとに最適化されています。距離がばらつかず、正確な距離感とスピンコントロールを発揮してくれます。

インプルーブドTX4 グルーブ&パラレルミーリング

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/wedges/forged_wedge/

フェース面の溝の幅・深さは、ロフト角により最適になるよう変えられています。そして、溝と溝の間についても精密加工のパラレルミーリングが採用されています。

さらに、溝は一本一本検査され、表面が熱処理されているため、スピン性能はもとより耐久性にも優れています。

プレウォーンリーディングエッジ

ソールのリーディングエッジ側が削られており、バウンスが地面に接地させやすくなっています。

日本人ゴルファー好みのデザイン設計

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/wedges/forged_wedge/

日本人ゴルファーの好みと、日本のコースコンディションに最適化された設計となっていて、グースネックで小ぶりなヘッドは構やすくなっています。

ソールグラインドは4タイプ

出典:https://www.titleist.co.jp/golf-clubs/wedges/forged_wedge/

ソールグラインドは、F、M、K、Sの4タイプあり、ロフト角に合ったものが用意されています。

  • F GRIND:バウンス効果を最大限に発揮
  • M GRIND:バウンスを操リ多彩なショット
  • K GRIND:バンカーで使いやすさを実感
  • S GRIND:フェースも開ける万能タイプ

ボーケイ フォージドウェッジの試打

一番使われている56°のMグラインドとKグラインドを試打して解説している動画です。

ボーケイ・フォージド・ウェッジのスペック

番手 4810F 5010F 5210F 5410M 5610M 5612K 5808S 5810M 5812K 6010M
ロフト角(°) 48 50 52 54 56 56 58 58 58 60
バウンス角(°) 10 10 10 10 10 12 8 10 12 10
グラインド F F F M M K S M K M
長さ(インチ) 35.75 35.5 35.5 35.25 35.25 35.25 35 35 35 35
オフセット(インチ) 0.118 0.118 0.11 0.098 0.098 0.098 0.079 0.079 0.079 0.079

ボーケイ・フォージド・ウェッジの発売日と販売価格

ボーケイフォージドウェッジの発売開始日は、2019年3月22日です。発売価格はシャフトにより異なります。

  • N.S.PRO 950GH:27,500円+税
  • Titleist Diamana VF(カスタム):29,500円+税

 

あわせて読みたい