inpres インプレス UD+2 ドライバー2021 試打・評価・徹底解説

ヤマハから発売されているinpres UD+2 ドライバーの2021年モデルについて取り上げます。

インプレス UD+2 ドライバー 2021

inpres UD+2ドライバーは2016年に初代モデルが発売されていて、2021年モデルは3代目となります。

基本的なコンセプトは初代から変わらず継承されつつ、新たなテクノロジーもプラスされ、より進化しています。

スピードボックスによりエネルギー効率がアップ

3代目モデルで最も特徴的なのが、フェースの直ぐ後ろに設け足られた凹型の構造です。

スピードボックスと呼ばれる1.5mmの凹みがクラウン側・ソール側の両方に設けられていて、フェース周辺の剛性が高められています。

これにより、ヘッド後方への振動の拡散が抑えられ、インパクトエネルギーが効率的にボール初速に転換されます。

重心角が34.5°に

スライス解消に効果的とされるヘッドの重心角は、前作の33°から更に大きくなり、34.5°となっています。

重心角が大きくなることで、ヘッドが返る方向に作用しますので、球のつかまりが良くなります。

オフセット形状を採用

ネック位置は、一般的なドライバーよりもやや前側にあり、フェースのトップラインの位置が後ろに下がった形状になっています。

アイアンで言うグースが効いていて、オフセットがありますので、その分、インパクトのタイミングが遅くなり、よりヘッドをしっかり返して強くボールを捉えやすくなっています。

慣性モーメントが大幅にアップ

慣性モーメントが前作から約8%アップし、4,650から5,020g・cm2となっています。

ヘッドがブレにくくなりますので、弾道の左右のブレ幅が抑えられ、広いスイートエリアで直進性の高い弾道が出やすくなっています。

インプレス UD+2 ドライバー 2021の試打・評価

inpres UD+2ドライバー2021をプロゴルファーが試打・解説

石井プロにより試打した感想として、「球が殆ど曲がらず、打ち出したところに飛んで行く。」「球のつかまりは、前作の方が少し良い。」と述べられています。

重心角がさらに大きくなっているにも関わらず、球のつかまりがアップしているわけではないのは、慣性モーメントが大きくなっているため、深重心になっていることが影響しているのかもしれません。

とは言え、スライスをあえて打とうと思ってもなかなか打ててないので、スライス改善というよりブレが少ないように思います。

構えた感想としては、スピードボックスという他に無い特殊なデザインが悪さするのかと思いきや、深重心のストレッチの長さを感じさせない効果があると述べられています。

このデザインに違和感を覚えるか、または、ヘッドの奥深さを感じさせない効果があるか、捉え方により変わりそうです。

有村智恵プロがinpres UD+2ドライバーを試打して解説

有村智恵プロは、直進性が高くて、曲がらない強い球が出るという感想を述べられています。

ミスショットが怖くないので、自信満々で振っていけて飛距離が出るとも述べられています。

インプレス UD+2 ドライバー 2021のスペック

ロフト角 9.5° 10.5°
ライ角 61° 61°
フェース角
ヘッド体積 460cc 460cc
シャフト インプレス UD+2 ドライバー 2021
シャフト硬さ S S/SR/R
シャフト重量 53 53/48/43g
シャフトトルク 5.6 5.6/6.0/6.2
シャフト調子
クラブ長さ 45.75インチ 45.75インチ
クラブ重量 284g 284/279/275g

ロフト角は9.5°と10.5°の2種類で、クラブ重量は275~284gです。前作よりも軽量化されています。

一般的なアベレージゴルファー向けのドライバーよりも20gほど軽くなっていますので、軽めのクラブで楽に振りたい方は、使いやすいと思います。

オススメのゴルファータイプとしては、飛距離が出ない方、200ヤードの壁がある方、ゴルフの練習がなかなかできない方にオススメされています。

 

inpres インプレス UD+2 2021の全モデルを一挙紹介!

ヤマハから発売のインプレス UD+2シリーズの2021年モデルについて、ツアーワールドGSシリーズについて、全モデルの特徴・スペックについて取り上げます。

インプレス UD+2 2021シリーズ

ヤマハのインプレス UD+2シリーズは、初代の2017年モデルがヒットし、ヤマハの人気シリーズの一つです。

特にアイアンはストロングロフトの「+2番手の飛び」という分かりやすいキャッチフレーズで、アイアンで飛距離を求めるゴルファーのニーズをつかみました。

ウッドについても、大きな重心角によるスライス改善を分かりやすくアピールしていて、こちらも人気商品となっています。

3代目となる2021年モデルも、コンセプトは変わらず、ドライバーは大きな重心角、アイアンはストロングロフトで、アベレージゴルファーのど真ん中の悩みにストライクなモデルとなっています。

inpres UD+2ドライバー 2021

特徴

スライス改善に効果を発揮してくれる重心角は、33°から34.5°に更に大きくなっています。

また、慣性モーメントも4,650g・cm2から5,020g・cm2に大幅にアップしていますので、寛容性が高く、左右のブレが抑えられた直進性の高い弾道となっています。

スペック

  • ロフト角:9.5、10.5°
  • ライ角:61°
  • フェース角:0°
  • ヘッド体積:460cc
  • クラブ長さ:45.75インチ
  • クラブ重量:279g(SR)

https://golf-club-news.com/3882/inpres-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9-ud2-%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc2021-%e8%a9%a6%e6%89%93%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%83%bb%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3%e8%aa%ac/

inpres UD+2フェアウェイウッド 2021

特徴

ドライバーと同様に重心角と慣性モーメントが大きく、つかまって曲がらない弾道が特徴です。

特に3番ウッドでは、ソールに高比重合金が採用されていますので、球が上りにくいという方にオススメです。

スペック

番手 3 5 7 9
ロフト角 14.5 17 19 21.5
ライ角 58 58.5 59.0 59.5
フェース角 0 0 0 0
ヘッド体積 189 164 150 138
クラブ長さ 43.5 42.75 42.25 41.75
クラブ重量(SR) 291 297 301 305

inpres UD+2ユーティリティ 2021

特徴

ユーティリティもドライバーと同様に重心角と慣性モーメントが大きく、つかまって曲がらない弾道が特徴です。

ヘッド形状はウッド型で、ドライバー、フェアウェイウッドからのつながりを重視する方にも適しています。

また、ロングアイアンが苦手と言う方にも、フェアウェイウッドの7番・9番も含めて、このレンジの選択肢を増やしてくれます。

スペック

番手 U4 U5 U6
ロフト角 19 21.5 24
ライ角 59.5 60.0 60.5
フェース角 0 0 0
ヘッド体積 126 126 126
クラブ長さ 40.5 40.0 39.5
クラブ重量(SR) 314 318 323

inpres UD+2アイアン 2021

特徴

前作・前々作と変わらず超ストロングロフト仕様が特徴のアイアンです。

7番アイアンのスペックは、ロフト角が25°と強烈にフェースが立っていて、長さは38インチで長尺です。

ロフトが立つことで、前に強く飛ぶ力が強く飛距離が出ますので、アイアンに飛距離を最優先に求める方には、とても適したスペックです。

なお、長尺に不安感がある方、弾き系の打感が得意ではない方は、一度、一度、試打されることをオススメします。

スペック

番手 ロフト角 ライ角 長さ
5 21 60.75 39
6 23 61 38.5
7 25 61.25 38
8 28 61.5 37.5
9 32 61.75 37
PW 37 62.25 36.5
AW 42 62.75 36
AS 48 62.75 36
SW 55 63.25 35.75

インプレス UD+2 2021の発売日

インプレス UD+2シリーズの3代目となる2021年バージョンの発売日は、2020年10月6日です。

<発売価格>

  • ドライバー:88,000円
  • フェアウェイウッド:50,600円
  • ユーティリティ:41,800円
  • アイアン:4本セット(7~PW)は105,600円、単品(5、6、AW、AS、SW )は26,400円

https://golf-club-news.com/3882/inpres-%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%b9-ud2-%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc2021-%e8%a9%a6%e6%89%93%e3%83%bb%e8%a9%95%e4%be%a1%e3%83%bb%e5%be%b9%e5%ba%95%e8%a7%a3%e8%aa%ac/

 

ヤマハ RMX VDドライバー、適合リストに掲載!

ヤマハのRMX VDドライバーがルール適合リストに掲載されました。

RMXシリーズのニューモデルと思われる新たなドライバーについて取り上げます。

RMX VDドライバー

出典:https://www.randa.org/

R&Dのドライバールール適合リストに、ヤマハのドライバーが2種類掲載されました。

いずれも「RMX VD」という名称ですので、RMXシリーズのニューモデルのようです。

今度のRMXは1種類か?

これまでのRMXシリーズのドライバーは、RMX 116、RMX 216といった名称で、ディープで操作性のある「1」のモデル、シャローで寛容性のある「2」のモデルがありました。

しかし、今回確認されたドライバーヘッドは、「1」や「2」と言う数字が付いておらず、「RMX VD」1種類です。

今後、「1」「2」といった数字表現は用いられずに新たなモデルが追加掲載されるのかは不明です。

ヤマハ史上初?ウェイトによる弾道調整機能を搭載

RMX VDドライバーは、ソール後方にスライド式のウェイト調整機能が搭載されているように見えます。

スライド部分の両端には、FADE、DRAWの文字が記されていますので、ウェイトを左右に移動させることで、ドロー・フェードの弾道調整が行える仕組みとみて間違いないでしょう。

最近のドライバーの特徴として、PING、タイトリスト、ブリヂストンなど、ウェイト移動によるドロー・フェードの調整機能を搭載するメーカーが増えていますので、ヤマハも同じ流れと言えそうです。

ロフト角は9.5°と10.5°

RMX VDドライバーは、RMX VD(Prototype)とRMX VD(Prototype)(Version 2)の2種類のヘッドが掲載されています。

いずれのモデルもロフト角の登録は、9.5°と10.5°の2種類です。

ロフト角調整機能を搭載

ソールのネック寄りには、シャフトを固定するネジが見えますので、可変スリーブによるロフト角・ライ角の調整機能(RTS)は、引き続き搭載されているようです。

同様の機構であれば、シャフトの挿し込み向きを変えることで、4種類の調整が可能となります。

ヘッド形状はアスリートが好む洋ナシ型

ヘッド形状については、ネック寄りが絞り込まれた形状になっていて、洋ナシ型のようです。

ウェイトの標準位置もトゥ側にあるように見え、操作性があり、左へのつかまったボールが抑えられ、低スピンで強い球が出やすいヘッドのように見えます。

 

今平周吾プロ、シーズンを終え RMX 120ドライバーをテスト開始!

今平周吾プロが2年連続の賞金王に輝きました。シーズンを終え、ドライバーを乗り換えるのかどうか注目されています。

2019年はRMX116ドライバーを使用

RMX116ドライバーは、ヤマハから2016年モデルとして発売されているアスリート向けドライバーです。最近では数が少ないハイバック形状で、445ccと小ぶりなヘッドは操作性に優れています。

これまでRM118ドライバー、RMX120ドライバーがリリースされていますが、長らく2016年モデルを使い続けています。

来シーズンに向け、RMX120のドライバーをテスト

2019年は、前年に続く賞金王がかかり、シーズン途中でのクラブチェンジを控えていたそうです。

▼詳しくは下記のGDO記事で解説されています。
≫ 今平周吾 賞金王獲得のため替えなかった「RMX 120」を新シーズンで投入へ

RMX120ドライバーは460ccでシャローバック形状のドライバー

RMX116からRMX120への切り替えを今平周吾プロが決断しなかった理由の一つに、ドライバーとしての特徴が大きく変わって点が挙げられるそうです。

これはRMXに限った話ではありませんが、多くのアスリート向けモデルがそうであるように、ヘッドサイズが460ccになっています。そして、ヘッド形状はハイバックからシャローバックに変わっています。

この変化は、操作性重視からミスへの許容性重視に変わったことを意味しますので、180度変わったと言って良いでしょう。

RMX 120・220の試打・評価の動画を集めました!

適合リストに RMX 120 Type Tドライバーが掲載されている

今平周吾プロのRMX120ドライバーのテストの記事と呼応するかのうように、2019年12月にRMX120 Type-TドライバーがUSGAの適合リストに掲載されています。

今平プロ向けの専用モデルがどうか、現時点で確認されていませんが、ロフト角が10.5°と限定的であること、そして、この時期の掲載を考えると、ツアープロ向けモデルの可能性が極めて高いと考えられます。

RMX120ドライバーの投入は、速くて2020年1月9日のソニーオープンからかもしれません。

RMX 218 ドライバーの試打・評価・徹底解説

ヤマハから発売のRMX 218ドライバーについて取り上げます。

RMX 2018年シリーズのドライバー

RMX シリーズの2018年モデルは、初代となる2016年の前作と同じく2種類のヘッドが発売されています。RMX118はアスリート向け、RMX218はアベレージ向けという位置づけで認識されているようです。

ヤマハからはもう一つinpres UD+2ドライバーというアベレージ向けモデルがありますが、そちらは球が上がり辛い、スライスが出る初級者に近いゴルファー向けのモデルとなります。

≫ inpres インプレス UD+2 ドライバ―2019 試打・評価・徹底解説

RMX 218ドライバ―はシャローバックで直進性が高い


RMX118ドライバ―は、ハイバックで、操作性を求めるゴルファー、思い切り叩きたいゴルファーに好まれる形状ですが、MX218はシャローバックで、ミスへの許容性、弾道の直進性を求めるゴルファーに適した形状です。

▼RMXドライバ― 2018年モデルの公式動画

ボディーが撓んで初速をアップしてくれる

出典:https://golf.yamaha.com/ RMXドライバ―

RMX218ドライバーのヘッドは、クラウンとソールにスリットが入ることで、ボディーが効果的に撓んでくれます。

ボールとの接触時間が増えることで、エネルギーが蓄積され、飛び放つ際のボール初速がアップします。

スーパーコンピューターが生み出した究極のフェースを採用

出典:https://golf.yamaha.com/ RMXドライバ―

フェース設計では、スーパーコンピューターによる3万通りのシミュレーションが行われています。

最もオフセンターヒット時の飛距離ロスを抑え、広域な反発エリアが実現されています。

RMX 218ドライバーの試打・評価動画

2:40ぐらいから堀之内豊プロがRMX218ドライバ―を試打します。プロの感想は、「直進性が高い、つかまるけどつかまり過ぎない。」で、やはり直進性の高さが特徴のドライバーです。

こちらは、クラブフィッターによる試打動画です。打ち出しが右に左にそれていますが、弾道からはやはり直進性の高さが感じられます。

球も上がりやすいドライバーのように見えます。

方向性は、スライスも出ていますので、インプレスUD+2のようなドスライサー向けのドライバーではないようです。ややスライス気味な方が使うと調度良さそうです。

RMX218ドライバーのスペック

ロフト角(°) 9.5 / 10.5(±1)
ライ角(°) 59~59.75~60.5
フェース角(°) 0
ヘッド体積(cm3) 460
慣性モーメント(g・cm2) 4,700