ヤマハ RMX VDドライバー、適合リストに掲載!

ヤマハのRMX VDドライバーがルール適合リストに掲載されました。

RMXシリーズのニューモデルと思われる新たなドライバーについて取り上げます。

RMX VDドライバー

出典:https://www.randa.org/

R&Dのドライバールール適合リストに、ヤマハのドライバーが2種類掲載されました。

いずれも「RMX VD」という名称ですので、RMXシリーズのニューモデルのようです。

今度のRMXは1種類か?

これまでのRMXシリーズのドライバーは、RMX 116、RMX 216といった名称で、ディープで操作性のある「1」のモデル、シャローで寛容性のある「2」のモデルがありました。

しかし、今回確認されたドライバーヘッドは、「1」や「2」と言う数字が付いておらず、「RMX VD」1種類です。

今後、「1」「2」といった数字表現は用いられずに新たなモデルが追加掲載されるのかは不明です。

ヤマハ史上初?ウェイトによる弾道調整機能を搭載

RMX VDドライバーは、ソール後方にスライド式のウェイト調整機能が搭載されているように見えます。

スライド部分の両端には、FADE、DRAWの文字が記されていますので、ウェイトを左右に移動させることで、ドロー・フェードの弾道調整が行える仕組みとみて間違いないでしょう。

最近のドライバーの特徴として、PING、タイトリスト、ブリヂストンなど、ウェイト移動によるドロー・フェードの調整機能を搭載するメーカーが増えていますので、ヤマハも同じ流れと言えそうです。

ロフト角は9.5°と10.5°

RMX VDドライバーは、RMX VD(Prototype)とRMX VD(Prototype)(Version 2)の2種類のヘッドが掲載されています。

いずれのモデルもロフト角の登録は、9.5°と10.5°の2種類です。

ロフト角調整機能を搭載

ソールのネック寄りには、シャフトを固定するネジが見えますので、可変スリーブによるロフト角・ライ角の調整機能(RTS)は、引き続き搭載されているようです。

同様の機構であれば、シャフトの挿し込み向きを変えることで、4種類の調整が可能となります。

ヘッド形状はアスリートが好む洋ナシ型

ヘッド形状については、ネック寄りが絞り込まれた形状になっていて、洋ナシ型のようです。

ウェイトの標準位置もトゥ側にあるように見え、操作性があり、左へのつかまったボールが抑えられ、低スピンで強い球が出やすいヘッドのように見えます。

 

今平周吾プロ、シーズンを終え RMX 120ドライバーをテスト開始!

今平周吾プロが2年連続の賞金王に輝きました。シーズンを終え、ドライバーを乗り換えるのかどうか注目されています。

2019年はRMX116ドライバーを使用

RMX116ドライバーは、ヤマハから2016年モデルとして発売されているアスリート向けドライバーです。最近では数が少ないハイバック形状で、445ccと小ぶりなヘッドは操作性に優れています。

これまでRM118ドライバー、RMX120ドライバーがリリースされていますが、長らく2016年モデルを使い続けています。

来シーズンに向け、RMX120のドライバーをテスト

2019年は、前年に続く賞金王がかかり、シーズン途中でのクラブチェンジを控えていたそうです。

▼詳しくは下記のGDO記事で解説されています。
≫ 今平周吾 賞金王獲得のため替えなかった「RMX 120」を新シーズンで投入へ

RMX120ドライバーは460ccでシャローバック形状のドライバー

RMX116からRMX120への切り替えを今平周吾プロが決断しなかった理由の一つに、ドライバーとしての特徴が大きく変わって点が挙げられるそうです。

これはRMXに限った話ではありませんが、多くのアスリート向けモデルがそうであるように、ヘッドサイズが460ccになっています。そして、ヘッド形状はハイバックからシャローバックに変わっています。

この変化は、操作性重視からミスへの許容性重視に変わったことを意味しますので、180度変わったと言って良いでしょう。

RMX 120・220の試打・評価の動画を集めました!

適合リストに RMX 120 Type Tドライバーが掲載されている

今平周吾プロのRMX120ドライバーのテストの記事と呼応するかのうように、2019年12月にRMX120 Type-TドライバーがUSGAの適合リストに掲載されています。

今平プロ向けの専用モデルがどうか、現時点で確認されていませんが、ロフト角が10.5°と限定的であること、そして、この時期の掲載を考えると、ツアープロ向けモデルの可能性が極めて高いと考えられます。

RMX120ドライバーの投入は、速くて2020年1月9日のソニーオープンからかもしれません。

RMX 218 ドライバーの試打・評価・徹底解説

ヤマハから発売のRMX 218ドライバーについて取り上げます。

RMX 2018年シリーズのドライバー

RMX シリーズの2018年モデルは、初代となる2016年の前作と同じく2種類のヘッドが発売されています。RMX118はアスリート向け、RMX218はアベレージ向けという位置づけで認識されているようです。

ヤマハからはもう一つinpres UD+2ドライバーというアベレージ向けモデルがありますが、そちらは球が上がり辛い、スライスが出る初級者に近いゴルファー向けのモデルとなります。

≫ inpres インプレス UD+2 ドライバ―2019 試打・評価・徹底解説

RMX 218ドライバ―はシャローバックで直進性が高い


RMX118ドライバ―は、ハイバックで、操作性を求めるゴルファー、思い切り叩きたいゴルファーに好まれる形状ですが、MX218はシャローバックで、ミスへの許容性、弾道の直進性を求めるゴルファーに適した形状です。

▼RMXドライバ― 2018年モデルの公式動画

ボディーが撓んで初速をアップしてくれる

出典:https://golf.yamaha.com/ RMXドライバ―

RMX218ドライバーのヘッドは、クラウンとソールにスリットが入ることで、ボディーが効果的に撓んでくれます。

ボールとの接触時間が増えることで、エネルギーが蓄積され、飛び放つ際のボール初速がアップします。

スーパーコンピューターが生み出した究極のフェースを採用

出典:https://golf.yamaha.com/ RMXドライバ―

フェース設計では、スーパーコンピューターによる3万通りのシミュレーションが行われています。

最もオフセンターヒット時の飛距離ロスを抑え、広域な反発エリアが実現されています。

RMX 218ドライバーの試打・評価動画

2:40ぐらいから堀之内豊プロがRMX218ドライバ―を試打します。プロの感想は、「直進性が高い、つかまるけどつかまり過ぎない。」で、やはり直進性の高さが特徴のドライバーです。

こちらは、クラブフィッターによる試打動画です。打ち出しが右に左にそれていますが、弾道からはやはり直進性の高さが感じられます。

球も上がりやすいドライバーのように見えます。

方向性は、スライスも出ていますので、インプレスUD+2のようなドスライサー向けのドライバーではないようです。ややスライス気味な方が使うと調度良さそうです。

RMX218ドライバーのスペック

ロフト角(°) 9.5 / 10.5(±1)
ライ角(°) 59~59.75~60.5
フェース角(°) 0
ヘッド体積(cm3) 460
慣性モーメント(g・cm2) 4,700

RMX 220 ドライバーの試打・評価・徹底解説

ヤマハから発売のRMX 220ドライバーについて取り上げます。

RMX 2020年シリーズのドライバー

RMX シリーズは2016年の初代が発売されています。2020年モデルは3代目となり、RMX120・220ドライバーの2種類が発売されています。

従来通り、モデルの数字が若い方のRMX120がアスリート向け、大きい方がのRMX220がアベレージ向けとなっています。

本記事ではアベレージ向けのRMX220ドライバーを取り上げます。

RMX220ドライバーは「曲がらない」と評判のドライバー

2019年後期に発売となる、いわゆる2020年モデルのドライバーは、国産メーカーが中心となっています。

その中で、RMX220ドライバーは「直進性が高い」、つまり、「曲がらない」という評価が聞こえてきています。

事実、ヘッドシェイプは典型的なシャローバックで、メーカーとしても「ルール上限に迫る大慣性モーメント(5,760g・cm2)」をアピールしていますので、打点がずれてもヘッドのブレが小さく、ミスの許容性の高さが大きな特徴です。

▼RMXドライバ― 2020年モデルの公式動画

 ブースト・リングによりボール初速がアップ

出典:https://golf.yamaha.com/products/rmx_dr_220.html

RMX220ドライバーでは、フェースの直ぐ後ろの部分で、クラウン・ソール・ホーゼル部にリング状の剛性を高めた構造が採用されています。

このBOOST RING(ブースト・リング)と呼ばれる構造により、インパクトエネルギーによるヘッドの撓みがフェース近傍だけで生じることで、ボール初速を高めてくれます。

RMX 220ドライバーの試打・評価動画

  • ヘッドスピードが速い人が振るには、オリジナルシャフトは柔らかい。
  • 前作の118、218より、今作の方がスピン量が抑えられて、初速がアップする。
  • 慣性モーメントが大きいドライバーなので、普通に打てば曲がらない。
  • 特別つかまる感じはなく、218と比べてつかまり感は抑えられている。
  • 打感も良く、ヘッドの性能は高い。

RMX220ドライバーのスペック

ロフト角(°) 9.5 / 10.5
ライ角(°) 60
フェース角(°) 0
ヘッド体積(cm3) 460
慣性モーメント(g・cm2) 5,760
重心深度(mm) 44.5
重心高さ(mm) 30.5

RMX220ドライバーの発売日と発売価格

発売日は、RMX220ドライバーは2019年9月6日となっています。

発売価格は、ヘッドが43,000円+税、シャフトがTMX-420Dで32,000円+税、SPEEDER 569 EVOLUTION Ⅵ、TOUR AD XC-5、Diamana ZF 50で42,000円+税となっています。

ヤマハ inpres UD+2 アイアン 新旧モデル(2019・2017)を女子プロが試打【その結果が興味深い】

新作と前作の違いというのは、常に気になるところです。ヤマハから発売の大人気アイアン、inpres UD+2 アイアンについて、2019年モデルと2017年モデルをヘッドスピード40m/s未満の女子プロゴルファーが試打した動画を取り上げ、両モデルについて比べてみます。

インプレス UD+2 アイアンの適合ヘッドスピード

インプレスUD+2アイアンは、アベレージ向けのディスタンス系アイアンです。公式サイトでヘッドスピードの目安を見てみますと、オリジナルカーボンのRで34~40m/s、SRで38~44m/sとなっています。

単純にヘッドスピードだけで見ると、遅めのゴルファーがR、標準的なゴルファーがSRとなります。

試打者はある程度の技量がないと、ばらつきが多くて参考になりませんが、技術が高すぎると、基本的にヘッドスピードが速いため、アベレージゴルファー向けモデルとしては、試打・評価があまり参考にならない場合があります。

ここで紹介する動画では、ヘッドスピードが40m/s未満の女子プロゴルファーが試打していますので、インプレスUD+2アイアンがターゲットとするところとマッチしています。

インプレス UD+2 アイアン 2019と2017を女子プロゴルファーが試打

ヘッドスピード30m/s台の西川みさとプロが、インプレスUD+2アイアンの新・旧モデルを打ち比べした動画です。

2019年モデルについて感想・評価をピックアップしてみます。

  • 見た目は細長い顔のイメージ。
  • 球が凄く上がって、打ちやすい。
  • 打感も調度良い硬さ。
  • 球はとてもつかまる。
  • 2017年モデルよりも後ろがすっきりしてて構えやすい。

次に、2017年モデルについての感想・評価をピックアップしてみます。

  • 前作よりも顔が小さめに見える。
  • 2017年モデルも打ちやすい。
  • 直進性は2019年モデルの方が高く、つかまりが良い。
  • ボールは上がる。

弾道的には2019年モデルの方が前に飛んでいて、2017年モデルの方が上がっているように見えます。実際のデータを見比べて、新旧モデルについて見ていきましょう。

新旧モデルの試打データ

モデル 2019モデル 2017年モデル
1回目 2回目 1回目 2回目
ヘッドスピード 32.9 32.6 32.6 32.2
打ち出し角 17.5 18.1 19.1 18.2
キャリー 142.3 145.3 142.6 142
飛距離 152.8 156.4 151.8 152.2
スピン角 右2.9 左2.7 右4.5° 右2.5°

動画の中ではもう少し打っているようですが、公開されているデータは上記2件ずつの合計4件です。

ボールの上がりやすさは2017年モデルの方が良い

どちらのアイアンもロフト角が同じ26°ですが、26°と思えないような打ち出しの高さで飛んでいますが、2017年モデルの方が打ち出し角が高く、ボールが上がりやすいようです。

実際、2017年モデルの方がソールがどっぷりしていて低重心度合いが高いように見えますので、ヘッド形状からくる重心設計が、そのままボールの上がりやすさに出ているようです。

▼参考:ヘッドスピードが速い人でも、2017年の方が打ち出しは高い!

こちらのヘッドスピードが強烈に速い人の試打動画を見ても、2017年モデルの方が2~4°打ち出しが高くなっています。

飛距離性能は2019年モデルの方が良い

飛距離は2019年モデルの方が出ています。試打件数が少ないのが微妙なところですが、2019年モデルの方が打ち出し角が抑えられていますので、上よりも前方向にインパクトエネルギーが消費され、飛距離アップに繋がっていると考えられます。

つかまりは2019年モデルの方が良い

スピン角は2017年モデルの方が右に多く出ています。つまかりについては、実際の動画の弾道をみても、2019年モデルの方が良いようです。

新旧モデルの違いとして、2019年モデルは重心点がヒール側からセンターに近づいていますので、右に逃げにくくなっている効果が出ていそうです。

インプレス UD+2 アイアン 2019と2017の比較をまとめ

インプレスUD+2アイアンは、2019年モデルも2017年モデルも打ち出しが高く、2~3番手ぐらい上の飛距離が出るアイアンです。

ストロングロフトアイアンについては、「ロフトを立てたら番手を上げたのと一緒じゃないか?」という声もあるようですが、扱いやすさと飛距離の総合バランスとしては、飛距離を求めるゴルファーに頼もしいアイアンです。

2017年モデルと2019年モデルについて、この記事での評価としては、「球の上がりやすさの2017年モデル」、「飛距離とつかまりの良さの2019年モデル」という結論にしたいと思います。

inpres インプレス UD+2 アイアン2019 試打・評価・徹底解説