MAVRIK ユーティリティの最新情報

キャロウェイの2020年モデルのMAVRIK マーベリックのユーティリティについて、最新情報を取り上げます。

MAVRIK ユーティリティは3種類ある

キャロウェイのMAVRIKのユーティリティは3タイプあります。

左がスタンダードモデルのMAVRIK ユーティリティ、中央が上級者向けのMAVRIK PROサブゼロ ユーティリティ、右が大き目なヘッドのMAVRIK MAX ユーティリティです。

フラッシュフェース・ジェイルブレイクテクノロジーを搭載

3つのモデルとも、フラッシュフェースとジェイルブレイクテクノロジーが搭載されています。

フェース面の幅広いエリアで優れた反発性能を発揮してくれます。

ウェイト・ロフト角・ライ角の調整機能はない

ユーティリティには、ソールのスクリューウェイト、可変スリーブが搭載されていませんので、重心調整、ロフト角・ライ角調整機能はありません。

MAVRIKユーティリティの試打・評価

プロが芯を外して試打した動画です。打点がずれても弾道の高さ、感触、飛距離が変わりません。

MAVRIK ユーティリティの特徴

こちらはスタンダードモデルのMAVRIKユーティリティです。3タイプの中でヘッドサイズは中間的です。

ヘッドはアイアンのような形状

ヘッド形状はトゥ側が高くなったいて、アイアンのような構えやすさが特徴となっています。

MAVRIK ユーティリティのスペック

番手 3H 4H 5H 6H
クラブ長さ 40.5 40 39.5 39
ヘッド体積 123 122 120 118
ロフト角 18 20 23 26
ライ角 58 58.5 59 59.5

MAVRIK ユーティリティのシャフト

  • Diamana 50 for Callaway (S、SR、R)
  • N.S.PRO Zelos 7 Hybrid (S)

MAVRIK PRO ユーティリティの特徴

こちらはMAVRIK PRO ユーティリティです。3タイプの中で最もこぶりなヘッドで、上級者向けのユーティリティです。

フェアウェイウッドのようなウッド型デザイント

PROモデルは、ウッド型形状のコンパクトデザインで、トップラインが最も前に出ていて、つかまり過ぎない設計になっています。

スイングスピードが速めのゴルファーが、左へのミスを恐れずに思い切り叩くことができます。

MAVRIK PRO ユーティリティのスペック

番手 2H 3H 4H
ヘッド体積 115 113 107
ロフト角 18 20 23
ライ角 57 57.5 58
クラブ長さ(Fujikura MC 80) 40.5 40 39.5
クラブ長さ(N.S.PRO 950GH neo) 40 39.5 39

MAVRIK PRO ユーティリティのシャフト

  • Fujikura MC 80 (S)
  • N.S.PRO 950GH neo (S)

MAVRIK MAX ユーティリティの特徴

こちらはMAVRIK MAXユーティリティです。スタンダードモデルと形状は似ていて、大型ヘッドでやさしいユーティリティです。

高慣性モーメントで深重心

MAVRIKユーティリティと同様に、トゥ側が高くアイアンライクな形状となっています。

ヘッドが大きく、大きな慣性モーメントと深重心になっていて、楽に球が上がり、直進性の高い弾道で飛ばすことができます。

MAVRIK MAX ユーティリティのスペック

番手 4H 5H 6H
クラブ長さ 40 39.5 39
ヘッド体積 133 131 129
ロフト角 21 24 27
ライ角 59 59.5 60

MAVRIK MAX ユーティリティのシャフト

  • Diamana 40 for Callaway (S、SR、R)

MAVRIK ユーティリティの発売日

MAVRIKシリーズのユーティリティの発売日は、MAVRIKユーティリティ、MAVRIK PRO ユーティリティが2020年2月7日、MAVRIK MAXユーティリティが2020年4月となっています。

あわせて読みたい