PING G425ドライバー

G425ドライバーの最新情報は以下の記事をご覧ください。

G425シリーズのドライバーの試打・解説動画


⇒ G425シリーズのドライバーの試打・解説動画

PINGのGシリーズの新作ドライバーと思われるG425の情報が出て来ましたので、取り上げます。

G425は3種類のドライバー

出典:R&A

R&Aの適合リストに、PINGの新たなドライバーが掲載されました。

このモデルがGシリーズの新作ドライバーだとすると、G410の後継モデルということになります。

掲載されたヘッドは、G425 MAXドライバー、G425 LSTドライバー、G425 SFTドライバーの3種類です。

G420でなかった点は予想外でした。PINGのシリーズ名は、G15、G25といったものもあり、数字の付番が規則的でないことがあります。

注目はG425 MAXドライバー

出典:R&A

G425 MAXドライバーは、ソール後方にウェイトが装着されているように見えます。そして、FADE、DRAWの文字も確認できますので、G410で搭載された移動式のウェイト調整機能は、G425でも搭載されているようです。

PINGのG400 MAXドライバーのヒットを契機に、MAXという名前のモデルが増えたような印象があります。

テーラーメイドでは、これまでのM5・M6という数字で分ける体系をかえて、SIMドライバー、SIM MAXドライバーという名称にしています。つまり、SIM MAXドライバーがアベレージゴルファー向けのスタンダードモデルということになります。

PINGの今回のラインナップでは、G425 PLUSドライバーが存在していませんので、G425 MAXドライバーがスタンダードモデルとして位置づけられる可能性がありそうです。

G425 LSTドライバー

出典:R&A

G410では、低スピンタイプのG410 LSTドライバーの発売が遅れましたが、G425では同時に適合リストに掲載されていますので、今回は、発売も同時になりそうです。

MAXやSFTと比べてディープに見えますので、浅重心による低スピン性能を持たせたヘッドのようです。

更に、ソールにあるロゴのGの文字のフェース側が、MAXやSFTでは輝いて見えますが、LSTはボディーと同じブラックに見えます。

MAXやSFTではソールに幅広ウェイトを搭載して、低重心化が強調されている可能性もありそうです。

G425 SFTドライバー

出典:R&A

G425 SFTドライバーは、G410 SFTドライバーと同様にヒール側にウェイトが見えます。

ドローバイアスモデルのため、重心角を大きく、重心距離を短くする効果を持たせた格好となっています。

MAXやLSTとの違いとして、FADE、DRAWの文字がありませんので、ウェイトは完全な固定式で、調整機能は無いのではないかと思われます。

G425のその他のモデル

通常、Gシリーズはドライバーだけでなく、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアンがリリースされます。

現時点では、フェアウェイウッド、ハイブリッド、アイアンの掲載がありません。

この点からすると、発売までにはまだまだ時間的な余裕があるのではないかと思われます。

G425シリーズのドライバーの試打・解説動画

 

あわせて読みたい