G425 MAXドライバー USモデルの特徴・違い

PINGのG425 MAXドライバーのUSモデルについて、詳しく取り上げます。

G425 MAXドライバー USモデル

待望のMAXが遂に発売に

PINGのGシリーズは、G400、G410と立て続けにヒットを飛ばしていて、プロ・アマ問わず人気のモデルとなっています。

特にG400で発売されたG400 MAXドライバーは、ヘッドサイズが460ccでアベレージゴルファーが扱いやすく、とても人気のドライバーでした。

G410シリーズでもMAXの発売が期待されていたものの、残念ながらリリースされませでしたが、遂にG425シリーズでMAXが発売となっています。

G425 MAXドライバーは、460ccの大型ヘッドでありながら、スタンダードモデルでもありますので、G400とG410 PLUSを足したようなモデルと言えます。

26gの移動式タングステンウェイトを搭載

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

G410 PLUSで初めて搭載された移動式ウェイトは、G425シリーズでも引き続き搭載されています。

ウェイトの可動距離は小さくなっているように見えますが、大きな慣性モーメントが実現されていますので、ウェイトを移動させても弾道がブレにくくなっています。

可変スリーブ

出典:https://ping.com/en-us/clubs/drivers/g425-max

可変スリーブが搭載されていて、ロフト角は±1.5°まで、ライ角はフラットへ、合計8つの調整ポジションへの切替が可能となっています。

なお、可変スリーブのバージョンは、トラジェクトリー・チューニング2.0となっていますので、前作のG410と互換性があります。

G425 MAXドライバーのスペック

  • ロフト角:9、10.5、12°
  • ライ角:58.5°
  • ヘッド体積:460cc
  • ヘッド重量:206g
  • 長さ:45.75インチ
  • バランス:D3

標準シャフト

  • ピン Alta CB 55 Slate
  • ピン Tour 65
  • アルディラ Rogue White 130 MSI 70
  • 三菱 Tensei AV Orange 55
  • 三菱 Tensei AV Orange 65
  • ピン Alta Distanza

ピン Alta CB 55 Slate

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 55
Regular 57 中・高
Stiff 60
X-Stiff 64

ピン Tour 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 58
Stiff 62 低・中
X-Stiff 67

アルディラ Rogue White 130 MSI 70

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 65 低・中
Stiff 69
X-Stiff 71

三菱 Tensei AV Orange 55

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 50
Stiff 52 中・高

三菱 Tensei AV Orange 65

フレックス 重量(g) 弾道
Regular 61
Stiff 64 中・高
X-Stiff 66

ピン Alta Distanza

フレックス 重量(g) 弾道
Soft Regular 40

G425 MAXドライバーのUSモデルと日本モデルの違い

ヘッドのスペックについては、ロフト角のラインナップはUSモデルと日本モデルで同じです。ライ角はUSモデルの方が1°フラットで58.5°となっています。

シャフトはUSモデルも日本モデルも多数用意されていて、選ぶことができます。なお、シャフトラインナップは異なっています。

USシャフトは、同じフレックスでも1フレックス硬いと言われていますので、普段より柔らかいスペックを選択すると良いでしょう。

G425 MAXドライバーのUSモデルの購入・価格

USモデルと日本モデルでは、一般的にUSモデルの方が安いケースが多いです。

PINGのドライバーについても、ネットでの市場価格を見比べてみますと、日本モデルの方が1万円ほど高くなっています。

USモデルは、日本でも取り扱われるショップが年々増えていて、シャフトの違いでUSモデルを好まれる方がいる一方で、価格が安いことで選ばれる方もいます。

日本で購入する場合、ネットでの取り扱いも増えています。フェアウェイゴルフUSAさんでは、アメリカ国内の各メーカから直接仕入れた正規品(正規ライセンス商品)を取り扱われていますので、安心して購入することができます。

▼フェアウェイゴルフUSAさんのサイト


あわせて読みたい