PING G430が商標登録されている!G430ドライバー

PINGのG430に関する情報が出て来ましたので、取り上げます。

PING G430

PINGのGシリーズは、G400、G410、G425と、G400からカウントアップされた名称で後継がリリースされています。

G410からは、何故かG425と半端な数字になりましたが、この理由はPINGから特に説明はないようです。

次のモデルについては、G430、G435などが推測されますが、G430となることはほぼ間違いないようです。

と言うのも、「G430」という名称が、商標登録されていることが分かったためです。

メーカーは、新製品を出す時、一般的な名詞ではない商品のばあい、商標登録を行います。

これは、同名の商品が他社から発売されないようにすることが主目的で、同じ名前の商品が存在しないことを確認する作業も、商標を気にする意図に含まれています。

カーステン マニュファクチュアリング コーポレーション

出願者を見ると、「カーステン マニュファクチュアリング コーポレーション」となっています。

「PING」じゃないの?とお思いの方もいると思います。

カーステンというのは、PINGの創業者が「カーステン・ソルハイム」の名前です。

ということで、「カーステン マニュファクチュアリング コーポレーション」は、カーステン製造会社という意味になりまして、PINGそのものの会社です。

G430シリーズについて

出典:TESS

G430シリーズについて、現在、確認できる情報は上記の商標のみとなります。

まだ、クラブの映像やテクノロジーなどの情報は、海外サイトを調べても、何も出てきていません。

G425の発売から時間も立っていますので、そろそろG430に関する情報が出ても良い頃合いではあります。

クラブの種類としては、従来通り、ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド、クロスオーバー、アイアンがリリースされるのではないかと思います。

渋野日向子は、未だにG410 PLUSドライバーを使っていて、G425のドライバーは合わないようなので、G430ドライバーに期待しているかもしれません。

渋野日向子 クラブセッティング・プロフィール・スイング動画

PING G400からG410 PLUSドライバーへの移行で注意したい3つのポイント!

 

あわせて読みたい